ハード2013.jpg

階段での段差視認、段差識別工事には、アルテック社製の「オールグリップハード」を使用しています。

「オールグリップハード」は非常に優れた耐久性を誇るため、一度施工すると簡単には摩耗しません。

その耐久性が評価され、1日何十万人と歩行する駅階段や商業施設などで数多くの施工実績があります。

当社では、アルテック社創業期から関東でのパートナー施工店として、JR東日本をはじめスカイツリーや

一般家庭に至るまで、あらゆる施工条件での施工実績があります。

特徴

 

優れた耐久性

独自の特殊ウレタン樹脂により、滑り止めテープや他の防滑塗料、防滑樹脂に比べ非常に長寿命です。

ハードの優れた耐久性.jpg

  

 

耐摩耗性は、他の樹脂材に比べ約20倍と高く、大理石と同レベルの耐磨耗性があります。この優れた耐久性が評価され、2010年に日本建築学会大会で採用に至る過程をJR東日本が発表しました。

その時発表したレジュメはこちら

 

また、耐候性においても非常に強く、紫外線による劣化や変色はありません。

様々な下地に施工可能

接着力が非常に高く、石材・タイル・コンクリート・金属・木材・樹脂等の様々な下地材質に接着します。

*歩行頻度や用途に応じた下地処理が必要です。 

 

<主な工法>

下地がフラットな場合

 1.通常処理 (一般家庭、マンション、歩道橋等比較的歩行頻度が低い階段など)

ハード目粗し.jpg

 

施工する部分をベルトサンダー等で目粗し、プライマー処理

 

 

 

 2.溝切加工 (公共施設・商業ビル等歩行頻度が高い階段・スロープなど)

ハードカッター.jpg

 

施工する部分をダイヤモンドカッター等で適度に溝を切り、プライマー処理

溝に入る樹脂からアンカー効果が得られ接着性が増加。

 

3.埋込加工 (恒久的に段差識別したい場合 駅階段など)

ハード埋め込み.jpg 

切削機で施工幅に溝を掘る

表面に出ない分、防滑性能は落ちるが階段ブロックと一体となり恒久化。

 

 

 

 

 

段鼻に溝のある階段の場合

 

1.埋め込み

 ハード溝入れ.jpg

既存の段鼻の溝にオールグリップハードを埋め込み、段差識別対策

もともとの溝を利用するので、コストをかけず短時間で安全対策が可能。

 

2.頭出し

 ハード頭出し.jpg

埋め込みから少し高さを出すことで、段差識別に加え滑り止め対策が可能

西日本でよくみられる施工方法。

 

 

 

3.拡張

ハード拡張.jpg 

既存の溝が細い場合、溝を利用し拡張

アンカー効果が得られ、視認性と防滑性が向上する。 

 

 

 

優れた施工性

取扱が容易なカートリッジタイプの製品であり、混合ノズルと吐出ガン(電動or手動)で材料塗布。

コーキングの要領で施工するので、ズレや割れの生じた古い階段であっても現場でうまく対応できます。

また、曲線や視認マーク風の施工も可能であり、ニーズに沿った仕上り実現。

さらに、硬化促進が可能なので、改修・施工にかかる時間を大幅に削減できます。

 

 

 

<施工デザイン例>

◇1本ライン                    ◇2本ライン   

1本ライン.jpg

2本ライン.jpg

 

 

 

 

◇複合ライン                 ◇視認マーク            

複合ライン.jpg

視認マーク.jpg

 

 

 

 

 

オールグリップハード 製品特長

ハード製品画像.jpg

「オールグリップハード」

・耐摩耗性に優れる。他の樹脂材料と比較し耐摩耗性は20倍以上

・耐久性に優れる。UV(紫外線)による劣化や変色が起こらない。

・硬化促進が可能。施工後数分で歩行可能にすることもできます。

・施工性が良好。マスキング次第で豊富な施工形状が可能。

無溶剤、無臭。施工中から施工後に至るまで臭気を発しません。

・豊富なカラー。在庫色以外にも210色での施工が可能。(*別注)

・非常に汚れがつきにくい。施工後も発色性が高い

オールグリップハード 施工実績

ハード施工実績1.jpg

駅階段段差識別(JR仕様 複色)

駅階段での施工方法で多いのは、弱視者の方も考慮した複色での段差識別対策がとられています。多いのは中央に黄色、前後に黒色を用いることで、どのような下地色に対しても、同様な明度差を有し、段差を明確に表示することが可能になります。施工時間の限られる中での複色での施工は、豊富な施工経験がないと難しい施工です。

ハード施工実績2.jpg

階段段差識別(埋込み恒久化工法)

特殊な機械で階段段鼻に溝を切り、そこにオールグリップハードを施工することで、階段と一体化し半永久的に段差識別が可能になります。塗料や他樹脂と違い汚れが付着しにくいだけでなく、長期にわたり施工直後の発色性を有します。あとからの改修工事で、ここまでコストパフォーマンスに優れた材料は他にはありません。

ハード施工実績3.jpg

百貨店スロープ入口

オールグリップハードは、階段段鼻の段差識別だけでなく、スロープでの滑り止めにも使用されます。従来滑り止めテープで対応していた箇所をオールグリップハードに置き換えることで、美観だけでなく、滑り止めテープの定期的な貼り替えコストもなくなります。ブランド店舗や百貨店をはじめ美観を意識される場所での採用が増えています。

オールグリップハード 施工フロー

STEP1

下地処理

ハードSTEP1.jpg

施工場所の歩行頻度や、ユーザー様の要望を踏まえながら、施工に適した下地処理を行います。

・既存テープ、塗料等の除去

・ベルトサンダー等による処理

・ダイヤモンドカッター等による足付け処理

・専用切削機による溝切り処理 等

STEP2

マスキング

ハードSTEP2.jpg

施工デザインに応じたマスキングを行います。

オールグリップハードは、材料の特性や、製品形状から40o幅以上の太いラインは施工できません。50o幅以上の識別をお考えなら、複数ライン(20o幅 2本)にするか、ラージエリアES(着色)を進めます。

STEP3

脱脂処理

ハードSTEP3.jpg

下地処理で生じた粉塵等の除去も踏まえアルコールで脱脂します。

STEP4

専用プライマー塗布

ハードSTEP4.jpg

オールグリップハード専用のプライマーを塗布します。

下地に応じて2種類あります。

STEP5

オールグリップハード塗布

ハードSTEP5.jpg

専用ガンでオールグリップハードを吐出していきます。

STEP6

オールグリップハード均し

ハードSTEP6.jpg

塗布したオールグリップハードをヘラで均していきます。

STEP7

乾燥硬化

ハードSTEP7.jpg

マスキングを除去し、乾燥硬化すれば完成です。

▲このページのトップに戻る